会社概要

会社挨拶

明治に創業して以来、お客様のニーズに合わせて様々な原糸(ガラス、ナイロン、テトロン、綿、絹、ステンレス、特殊繊維など)により組紐を製造し、工業用部品(電気製品、車)、医療機器などの部品、及び船舶に関する衣料品の一部などに使用されております。

製品の製造においては高品質、短期間での納品を心がけ、官公庁を始め、数多くの企業と取引をさせていただいております。

会社概要

商号 鶴川製紐株式会社
代表者 代表取締役 渋谷富太郎
所在地 〒195-0063
東京都町田市野津田町2380番地
TEL (042)735-5714
FAX (042)734-7788
資本金 1,000万円
設立 1900年(明治33年) 11月24日
業務内容 各種組紐製造販売
電線硝子ブレード製造
主な取引先 株式会社有沢製作所
二宮電線工業株式会社
株式会社ニチビ
日本グラスファイバー工業株式会社
日本無機株式会社
株式会社日本理化工業所
日本精線株式会社
藤倉ゴム工業株式会社
などその他多数

会社の沿革

明治33年11月 鶴川村野津田2377番地において、農家並びに東京の糸紐問屋約40名にて、鶴川製紐株式会社を設立。
鶴見川の水力を原動力に、生糸及び綿糸で組紐を生産し、東京の糸紐問屋へと卸す。
昭和11年 原動力としていた水車を電動へと切換えると同時に、敷地を拡張して工場を増築及び機械設備を充実させる。
昭和15年 横須賀海軍工廠の指定工場に任命され、パラシュートの組紐を大量生産する。
昭和20年 終戦と同時に、指定工場は解任。雑品組紐に復帰するとともに、電気絶縁スリーブ及び電線被覆、耐熱スリーブ、モーター結束紐及び医療機の素材など、工業資材に力を注ぐ。
現在 様々な工業用の組紐の生産できるように設備を整え、顧客のニーズに合った製品を手掛けるに至る。

アクセスマップ

《 当社へのアクセス 》

小田急線「鶴川駅」より、神奈川中央交通バス0番乗り場から

町53 系統 「町田駅行 本町田・大蔵経由」にて、「国本学園前」 下車
鶴33 系統 「野津田車庫行 大蔵経由」にて、「田中入口」 下車
鶴37 系統 「淵野辺駅北口行 野津田車庫・図師経由」にて、「田中入口」下車
鶴66 系統 「野津田車庫行 山王ガーデン経由」にて、「田中入口」下車

小田急線「町田駅」より、神奈川中央交通バス21番乗り場から

町53 系統 「鶴川駅行 本町田・大蔵経由」にて、「国本学園前」下車
町55 系統 「野津田車庫行 本町田経由」にて、「国本学園前」下車

※「田中入口」からは参道橋を渡ってすぐ左手に、「国本学園前」からはガソリンスタンドを曲がって(町田駅からでも右折、鶴川駅からでも右折)、直進して右手となります。